JR志度駅・琴電志度駅 東1km

マルナカ志度店 西向い

アクセスはこちら

〒769-2101 香川県さぬき市志度1900-7 牟礼ビル3F
TEL: 087-894-7708

志度皮膚科 twitter

院長がほぼ毎日つぶやきます。

写真は院長が撮影したものです。

Instagram

巻き爪治療

巻き爪は爪の先端が皮膚に食い込むことで痛みを発症する状態です。巻き爪を放置すると、痛みだけではなく、細菌感染症を合併したり、痛みを避けようとして加重を変化させることにより膝や腰に負担がかかるなど、生活の質は著しく低下します。


当院院長は、2005年より、巻き爪の診療に携わってきました。かつて、巻き爪の治療の主流は、爪切りや手術でした。特に手術は施術はもちろん、術後管理や爪の変形も伴い、患者さんへの負担が大きいものでした。しかし、近年では各種の爪矯正療法が考案され、軽症や中等症の巻き爪はもちろん、重症例でも手術を行わない治療が可能となっています。


現在、当院では軽症から重症まで、年間約250例以上の巻き爪診療を行っています。


当院では、様々な治療法を用意し、患者さん一人一人に合わせた最適な治療を提案いたします。どうぞお気軽にご相談ください。

当院での巻き爪治療の方針

基本1「痛みを取る」

 まずは、一番の訴えである、「痛み」を取ることを最優先します。その時点で最速で痛みをとる方法をご提案します。


基本2「保存的治療」

 近年、ワイヤー矯正や人工爪などの保存的治療の発達で、多くの巻き爪が手術することなく治療が可能です。


基本3「巻き爪になりにくい爪作り」

 深爪は巻き爪の最大の悪化因子です。

 当院では、爪の正しい伸ばし方、切り方についてのアドバイスを行い、巻き爪になりにくい爪を作ります。


基本4 「悪化因子や合併症の発見」

 生活習慣、足と靴の不一致などの悪化因子、爪水虫や魚の目などの合併症を早期発見、早期治療します。

当院の主な巻き爪治療

1. テーピング法


爪が皮膚に食い込まないように、テープを使って保護または牽引を行います。

2. ガター法


当院で最も多く行われる治療です。爪が皮膚に食い込まないよう、プラスチックチューブによる詰め物をします。

3. コイルばねワイヤー法

(保険外診療)


当院で2番目に多く行われる治療です。爪の両側にばねのついた超弾性ワイヤーを引っ掛けて、その弾性力で爪を平らにする治療です。

4. 超弾性ワイヤー法

(保険外診療)


爪に針金を通し、その弾性力で爪を平らにする治療です。爪の浮いたところに針金を通すので、出血はありません。

5. 巻き上げ式ワイヤー法

(保険外診療)


爪の両側に鉤のついた針金を引っ掛けて中央で巻き上げ、爪を平らにする治療です。

6. 人工爪法

(保険外診療)


人工樹脂で爪を整形、延長して食い込みをなくす方法です。